Tom's Cabin BBS
[留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
削除キー (英数字で8文字以内)
クッキー情報を保存
スパム投稿
ガード用キー(必須)
「1234」と半角で入力して下さい

[610] 乞う・福岡or熊本公演 投稿者: 投稿日:2008/03/05(Wed) 13:29 [返信]

クリス・ヒルマン&ハーブ・ぺダーセンは西日本は無しでしょうか?ぜひ福岡か熊本でもよろしくお願いします。



[609] クリス&ハーブこれは必見! 投稿者: 投稿日:2008/03/02(Sun) 12:05 [返信]

TOM'Sの皆様、クリス&ハーブを招聘していただきありがとうございます。
5年ほど前にSan Diegoで彼らのLIVEを見ましたけれど、クリスの長いキャリアを俯瞰するような曲構成で最高でした。
今度の来日でもそんなステージが見れることを楽しみにしています。
ちなみにハーブはHerveではなくてHerbですよ〜(笑)。

http://park8.wakwak.com/~music/kino/repokino/200307/20030701.htm


[608] 無題 投稿者:中野 憲孝 投稿日:2008/02/28(Thu) 18:28 [返信]

麻田 様 スタッフの皆様
マリアさんのツアーで全国行脚の真っ最中の事と思います。お疲れ様です。福岡公演では、おいそがしいなか色々話し掛ける鬱陶しい私に、御付きあい頂きありがとうございました。マリアさんのライヴも素晴らしく、楽しい一夜でした。次はジェフですね。楽しみです。


[607] さようなら ジョン 投稿者: 投稿日:2008/01/28(Mon) 09:48 [返信]

ジョン・ステュワートさんの突然の訃報に驚いています。2001年にトムス・キャビンさんが招聘して下さり、大好きだった私も、九州から、京都・東京まで聴きに行きました。京都では、本人がふらっとでて行ったきり、時間になっても戻って来ず、麻田さんが大慌てで、捜しに行ったり、東京では、日本の大物ミュージシャンがズラリ。彼の影響力の大きさに驚かされたものです。今も地道に活動されており、ライヴのスケジュールも先のほうまで決まっていたようなので突然のことだったようですね。ジョンあっちでもファンキーで。ご冥福をお祈りいたします。


[606] エディ&マーサ・アドコックwithトム・グレイ 投稿者:Shimizu 投稿日:2007/12/10(Mon) 11:39 [返信]

昨日の”エディ&マーサ・アドコックwithトム・グレイ”楽しかったです。
聴衆の平均年齢がかなり高いようでしたが、皆さん楽しみにしていたようで、席が決まっているにもかかわらず、早くから開場を待っていました。
満席の会場で演奏はアットホームな温かい雰囲気で楽しませてもらいました。
麻田さん、ありがとうございました。


[605] エディ&マーサ・アドコックwithトム・グレイ 投稿者:kazumasa 投稿日:2007/11/13(Tue) 15:27 [返信]

YouTubeで三人をみることが出来ました。
来日をほんとうに楽しみにしております。

http://www.youtube.com/watch?v=Bbv58Qtza68


[604] 待ち望んでいました 投稿者: 投稿日:2007/11/07(Wed) 18:02 [返信]

我々の世代にとっては、エディアドコック(と言うよりカントリージェントルメン)はヒーローでした。長らく待ち望んでいた来日公演が実現し、夢のようなお話です。エディ自身も日本で演奏することを何十年も前から望んでいたので、きっと素晴らしいステージになると思います。かつてのジェントルメン全盛期にはジャズギタリストが彼らの演奏を聴きに来てフレーズを盗んでいた・・・とか・・・
マニアックな世界の話なので、賛否両論あることは十分承知していますが、マイナーなアーティストに光を当てていただけるTom's Cabinに拍手を送りたいと思います!


[603] 聴かずに死ねるか!シリーズ 投稿者:SATO 投稿日:2007/11/02(Fri) 18:40 [返信]

基本的に麻田さんが死ぬまでに観たいアーティストを呼ぶってことだと
理解しております。あらためてヒストリー拝見しましたが驚くべき
ラインナップだと思いました。70年代リアルタイムでトムズキャビンを
経験したかったです。宝くじを買うような気持ちで、 自分はVan Morrisonに投票はしました。もしかするとToms Cabinでなら呼べるかも??っていう期待はありますけど....トム・ウェイツとか?!
でも全く知らなかったけど観に行ったCalexicoもジョンコーワンも最高でした。次も楽しみにしております。







[602] ありがとうございました 投稿者: 投稿日:2007/11/02(Fri) 02:37 [返信]

麻田さん、丁寧にご説明いただきありがとうございました。決してワタシも悪気があって書いたつもりはなく、単純な疑問として投げかけさせていただきました。こうやってご返答をいただき、非常に嬉しく感じております。ただ、ワタシの単純な疑問が麻田さんを傷つけてしまったようでしたら素直に反省させていただきます。我々リスクを持たずに呼んでいただいてる身としては「アレ呼べコレ呼べ」と勝手なところがあるのは事実です。まあ、意見は言わないより言った方が前進するし解決が早いと思ってる単純男なものでスミマセン。

ワタシも音楽は大好きでして、それなりに耳を広げて聴いてはおります。そして年に2〜3回アメリカへ行っては、アメリカーナな音楽をよく聴いてます。実は10月のサンフランシスコのHardly Strictly Bluegrass Festivalにも行ってました。ということで幾つかのステージは麻田さんと共有しておりました。

大変な状況とは存じますが、これからも色々な音楽を我々に提供してくれることを期待しております。


[601] Re:[598] 残念です 投稿者:トムス・キャビン代表 麻田浩 投稿日:2007/11/01(Thu) 17:35 [返信]

海外アーティストの興行にはとても大きなリスクが伴います。
何度も大赤字になって借金を作ったりしましたが、自分の好きなアーティストを日本に呼びたい、多くの人に聴いてもらいたいという気持ちがあったし、いろいろな苦しさを支えてくれたのが、皆さんのトムスに対する声援でした。だから30年間も続けてやってこれたと思っています。

ただ今回の書き込には正直言ってすごく落ち込みました。

なぜエディ&マーサ・アドコックを聞かずに死ねるかシリーズでやって残念なのですか?
僕は以前にもニューグラス・リバイバルやビル・モンローをはじめとするブルーグラスのコンサートをやってきて今でもブルーグラスは大好きで、キャプテンビーハートやダン・ペンなどのシンガー・ ソングライター系のアーティストはもちろん、ザディコやSUB POPからCDを出している若手のアイアン&ワインなどの音楽と一緒によく聴いています。リンドレーやライ・クーダーも若手のキャレキシコもブルーグラスは好きですよ。そもそもトムスの最初のコンサートはデイビッド・グリスマン・クインテットとビル・キース&リチャード・グリーンでしたし、聞かずに死ねるかシリーズをやろうと思った一つのきっかけはカントリー・ジェントルマンが好きでいつかまたジェントルマンをやりましょうよと言ってくれた方が亡くなったことでした。エディ・アドコックは60年代にブルーグラスやフォークをやっていた人達に取ってはずっと聴きたくても聴れなかったアーチストの一人です。残念な事にジェントルマンのオリジナルメンバーの二人は亡くなってしまいクラッシック・ジェントルマンでのライブは実現しませんでしたが、僕ら世代にとってエディはぜひ聴きたいアーチストの一人です。

音楽に対する考え方は人それぞれで良いと思いますが、自分の好きなアーティスト、知らないアーティストの音楽をそれは無いよと言うのは寂しい限りです。
前にも書きましたが僕は音楽に関しては節操のない方です。その僕がやっているトムス・キャビンも音楽的には節操のない呼び屋だと思います。このサイトのヒストリーでトムスキャビンが今までやってきたコンサート一覧をもう一度見て下さい。僕はジャンルに関係なく「感動を与えてくれる良い音楽」をずっとやってきたと思っています。パンクもNew Waveもブルースもラテンもソウルも僕にとっては同じ好きな音楽です。

トムスでアンケートをやっているのはもちろん皆さんがどういうアーチストを聞きたいか知りたいからやっているのです。
皆さんが聞きたいアーチストを書いてくださるので、上位のアーチストが観客動員においても大きな可能性があると言う事も分かっています。
ただその人達が必ずしも日本でのコンサートの可能性があるとは限らないのです。例えば僕は今年3月にレヴォン・ヘルムに会いにウッドストックまで行きました。もちろん彼に日本に来てくれないかと言うお願いをしに行ったのです。レヴォンは相変わらずとても良い人で昔の日本でのツアーの事等楽しそうに話してくれました。
しかし今の彼の健康状態、また9/11以後の彼の飛行機に対する恐怖感等をマネージャーから聞いて、僕は今彼のツアーは無理だと判断しました。今レヴォンは車で移動出来る所でのコンサートしかやっていません。
来年度はみなさんに投票していただいたアンケートに入っているアーティストがいくつか出来ると思います。繰り返しますがアンケートはいつも参考にさせていただいてます。ただ上位のアーチストのコンサートが全て出来るとは思わないでください。ライ・クーダー、トム・ウェイツ、ヴァン・モリソン、ボニー・レイット....僕も観たいアーティスト達ですが、残念ながらどんなにアプローチしても日本とアメリカの状況の違い等で今彼らのコンサートはかなりむずかしいと思います。

最近アメリカはベビーブーマー(日本で言う団塊の世代)と言われる人達がリタイヤして、お金があって暇があるその世代の人達に向けてのコンサートがとても多く開催されるようになりました。と言う事はここ数年前までそんなに仕事が無くギャラの高くなかった60年代70年代に活躍したアーチスト達も演奏の仕事が増え、予想できない程ギャラも上がっていて、日本で想定される興行のギャラではやってもらえないアーティストも多くなってしまいました。それはとても残念ですし、団塊の世代でコンサート業界が活気づいているアメリカの状況がとてもうらやましいです。トムスでやるコンサートも年々観客数が減って来ています。CD売り上げも大きく落ち込んでいます。そういう中で、アメリカのベビーブーマー達のように日本の団塊の世代の人達はリタイヤしたらコンサートに足を運んでくれるのでしょうか?そうなってほしいです。


最後にトムスのブログにも少し書きましたが、今ブルーグラスの、また元ブルーグラス・ミュ−ジシャンの活躍がすごいです。
日本でのいままでのブルーグラスやアメリカのトラディショナルミュージシャンに対する評価の低さ、またマスコミ特に音楽関係のマスコミのその手の音楽に対する認識の低さが日本での彼らの知名度に現れていますが、今彼らの音楽はすごいです。
Tボーン・バネットが”僕らテキサスの少年にとってブルーグラスやカントリーはブルースやポップスと同じように大事な音楽だったんだ”と言っているように みなさん、ぜひなるべくたくさんの音楽を聴いてください。


記事No 削除キー

- ASKA BBS -
Modified by isso